ARTRIP教室について子ども美術造形 日本画自由創作お申込BLOGEnglish


毎月一度(次回は、2019年7月21日(日)です)ARTRIPは、2019年夏より駒込駅近くに移転しました。

ARTRIP BLOG

6/27/2010

貝の渦巻き


先日、海辺へ行ったときに、土産屋で貝殻を買いました。
絵のモチーフになるだろうし、自然の造形物には見ているだけで、
凄く感動します。今回購入したのは、色とりどり、形も大きさも違う
全部で8種類です。ここで、渦巻きに注目!なんとっ!全部
中心から時計周り(右巻き)です。
渦というと、よく北半球と南半球で反対になるコリオリの力!を
思い浮かべますが、例えば台風や海流は、北半球の日本では、
左巻き、南半球に行くと、右巻きだとか。
ちなみに、トイレやお風呂の線を抜いたときに
出来る渦は、設計や、線を抜いた瞬間の力によって変化するので、
コリオリの力ではないということですが。
さて、話を戻します。広い海の中、北か南か、
貝のお住まいによって、右巻きか、左巻きか?
とちょっとわくわくしたのですが。。。これは違うようです。
種類によって決まっているのと、地球上の殆どの貝は
右巻きとのことです。(9割くらい)なぜかというと、
違う方向では交尾しにくく、時には突然変異などで
生まれるものの、後には残ってはいけないようです。
または、何かの変化で、急に反対渦の貝が沢山生まれたら、
いままであった右巻きはどんどん淘汰されてしまうということです。
ということで、今は貴重な左巻き貝を見つける日を
楽しみにしているところです。