ARTRIP教室について子ども美術造形 日本画自由創作お申込BLOGEnglish


毎月一度(次回は、2019年7月21日(日)です)ARTRIPは、2019年夏より駒込駅近くに移転しました。

ARTRIP BLOG

4/24/2012

フラワーアワード2012 in Tokyo Midtown


今年も、カリスマフラワーアーティスト
吉本雄一氏によるアレンジのお手伝いに、
Tokyo Midtownへ、行ってまいりました。

今年のテーマは、「夢」。
そして、この作品タイトルは、「明日への鼓動」です。

人々の夢が繋がり、大きな一つの希望を生み出す、
そんな世界観が、織り成す枝の中心から、虹色に
配置されるバラのグラデーションで、表現されました。

この、素晴らしい作品は、みごとグランプリに輝きました☆

ちなみに、私は、200本ほどある試験管の水に、
虹色を作るお手伝いをさせて頂きました。

ワクワク創造が膨らむ2日間でした。












4/18/2012

背守り


ある友人の紹介で、素敵な日本を知る機会がありました。

背守りという刺繍の風習についてのお話です。

昔、お母さんが幼い子どもの健康を願って、
着物の背(首の後ろ辺り)の部分に、
貴重だった糸を使って、シンプルに、かつ無駄を省いて
縫い付けた模様があります。

そもそも、大人の着物の背中には、縫い目ができるのだが、
小さな子供用の着物には、縫い目がありません。
その縫い目は、邪気払いとして大切な位置づけだったそうで、
それがない、子ども用に、お母さんが気持ちを込めて
縫い付けていたそうです。


背守りのいくつかは、昭和のくらし博物館で、 
見ることができます。 
http://www.digitalium.co.jp/showa/

住宅街の中に、突如現れる昭和の暮らし。
そちらで、美味しいお茶を頂きながら、
背守りという刺繍をはじめて見ることができました。

繊細な中にも心温まる、そして線の織り成す美しさに感動して、
私もいくつか作ってみたいと思いました。

詳しくは、背守り練習長というガイドブックで、
学ぶことができます。いくつか練習して、
それから、自分でデザインして、
以下、作ってみました。